カチタスのM&A支援サービス

Home » M&A支援サービス » M&Aニュース » アプライド・マテリアルズ(AMAT)がS...

M&Aニュース

アプライド・マテリアルズ(AMAT)がSOKUDO(ソクド)[大日本スクリーン製造]に資本参加(会社分割 新設分割)

半導体製造装置開発の米アプライド・マテリアルズ(AMAT)は、大日本スクリーン製造が半導体関連コータ・デベロッパ(フォトレジスト塗布、現像装置)事業を会社分割により7月3日付で設立するSOKUDO(ソクド、京都市)に同月20日付で資本参加する。166億1400万円の第三者割当増資を引き受け、48%の株式を取得する。分割事業は売上高140億900万円で世界シェア12%程度。従業員約160人は大日本スクリーンからの出向となる。両社の技術や販路を活用し、同装置で圧倒的なシェアをもつ東京エレクトロンに対抗する。滋賀県内などの製造設備は大日本スクリーンが保有し続け、新会社から生産を受託する。